スタッフブログ

2010/5/30 日曜日

初勝利

カテゴリー: ヤクルト — inami @ 11:09:55

昨日、ついにヤクルトスワローズのエース、カツオこと「石川 雅規」が今季初勝利を挙げました。

これはファンのみならず、スワローズ選手全員の願いでもありました。

そして、ようやく交流戦初勝利。小川監督代行になってからも初勝利。

11得点を挙げる快勝。

抑えのエース「林 昌勇・イム チャンヨン」が登録抹消されたのが気になりますが、とりあえず長いトンネルを抜けたような気がし

ます。

エースが勝たない事によって、選手にかかってくるプレッシャーは、相当なものだったと思います。

6月からの追い上げが益々期待できる試合でした。

 

2010/5/27 木曜日

辞任

カテゴリー: ヤクルト — inami @ 12:12:53

つい先日、大宮アルディージャの監督辞任の話題がありました。

今日は東京ヤクルトスワローズの「高田 繁」監督の辞任の報道が流れました。

巨人黄金期と言われたV9時代。

今なお破られる事のない、6大学野球で7度のベストナインに輝き、

68年に新人ながら、走・攻・守そろった外野手としてスタメンに定着し、新人王獲得。

その後外野手から内野手へとコンバート。外・内野手どちらでもゴールデングラブ賞を受賞。これは史上初。

「壁際の魔術師」と呼ばれてました。

選手としては素晴らしい選手だったと思います。

引退後も解説者や、日ハムの監督、GMなどで力を発揮し、今活躍中の日ハム投手陣の基盤をつくったとも言えます。

ダルビッシュのお母さんが、高田監督の現役時代のファンで、日ハム入団交渉がスムーズに行ったという話は有名です。

そして08年からヤクルトの監督に就任し、最下位から2年でクライマックス進出までのチームにしました。

しかし、今年は開幕直後は良かったものの、4月の後半から失速。

24日から2勝20敗。

借金19。セリーグ最下位。

昨日ご来店のお客様に、「俺が投げても今のヤクルトならローテーションに入れる」なんて言われる始末。

いよいよ、責任を取って辞任となりました。

監督代行は「小川淳司」ヘッドコーチ。打撃アドバイザーに「伊勢孝夫」。

三度のリーグ優勝、二度の日本一に輝いたヤクルト黄金時代。

その時の打撃コーチだった人です。

開口一番「野村監督時代のID野球を復活させる。」と言ってました。

初練習で一番最初に声をかけた選手は「ジェイミー・デントナ」

「考えて打て」と言ったそうです。

素晴らしい。

やはり試合をしているのは選手ですから、選手たちがこの時期の監督辞任をどう考えているか。

残り98試合。まだまだクライマックスシリーズ進出を目指し、6月からの巻き返しに期待したいと思います。

特に、「アーロン・ガイエル」・「ジェイミー・デントナ」この二人に皆様注目していて下さいませ。

2010/5/25 火曜日

埼玉県の地鶏

カテゴリー: 料理 — inami @ 12:41:41
CA3A0867.jpg

タマシャモを入荷しました。

2010/5/23 日曜日

借金18

カテゴリー: ヤクルト — inami @ 9:42:39

今季最高の借金18。

今週は一度も勝ちませんでした。

すでに今日負けて、巨人が勝つと自力優勝が消滅します。

まだ5月だというのに、監督の辞任だの続投だのという話題や、トレードや大型補強だのという話題。

昨日に至っては、20失点という大敗。

頑張ってきた投手陣もいよいよ崩壊。

フロント陣、首脳陣、投手も野手も全てにおいて、勝てそうな雰囲気が全く感じられず、最悪の8連敗。

今日は日曜日だというのに朝6時から目が覚めてしまい、強かった当時のヤクルトスワローズの動画をyoutubeでみてしまいま

した。

78年、若松、大杉、マニエルを主軸とした打撃陣、松岡、安田、鈴木康二朗を中心とした投手陣。

球団初の日本一を見ました。

92年の西武との日本シリーズ。

背番号9、職人「杉浦 亨」の代打満塁ホームラン。今見ても感動します。

93年のセリーグ連覇と日本一。95年、97年の日本一も見ました。 本当に強い黄金時代です。

池山の引退試合や、古田の引退試合なども見ました。 感動的です。

昔の試合を見て喜んでいるようでは・・・。

末期症状です。

来年は、「大ちゃんフィーバー」で一時代をつくった「荒木 大輔」投手コーチが、監督になるとか。

ヤクルトの歴代監督が得意とした、成績不振による「途中休養」。

何となく今季か途中から「大ちゃん」が監督代行ででてきそうな気がします。

 

2010/5/20 木曜日

泥沼にはまっております。

カテゴリー: ヤクルト — inami @ 9:44:30

昨日のヤクルトスワローズは、西武ライオンズとの試合でした。

一昨日の西武戦は、大宮の県営球場でした。

西武の岸は、さすがに良いピッチャーでした。八回を投げて散発の3安打0失点。

ヤクルトの館山も頑張りましたが、打線の援護なく敗戦。

昨日は、開幕8戦勝ち星なしの「カツオ」こと「石川雅規」。

先制はしたものの、踏ん張れず7回2失点で降板。またもや勝てず。

野手も懸命に守って盛り上げてはいましたが、クリーンアップはノーヒット。

ピッチャーはそんなに悪くはないと思いますが、打線が全く打てない日々が続いております。

高田繁監督、一軍打撃コーチの淡口憲治は何をしてるんでしょうか。

二人とも元巨人出身です。なんとかしてもらいたいものです。

 

2010/5/16 日曜日

最下位

カテゴリー: ヤクルト — inami @ 14:16:02

大宮アルディージャ、ヤクルトスワローズ。

どちらも最下位というこの2チームを応援している私としては、非常に難しい選択を迫られた日曜日となりました。

どちらのチームもホームゲームです。

今日は今年初めて、神宮球場へ行ってきます。

相手はソフトバンク。今日は日本を代表する投手『杉内俊哉』が先発です。

必ず勝って『東京音頭』を神宮球場に響かせてきます。

2010/5/14 金曜日

本日のおすすめ食材

カテゴリー: 料理 — inami @ 11:01:07

本日のおすすめ食材です

高知県宿毛産の「しまあじ」

房州勝浦産の「初カツオ」

同じく勝浦産の「金目鯛」

今日から入荷の埼玉県が唯一認証する農場「足立農場」さんの「タマシャモ」

「もも肉」が刺身でも食べられるほどの鮮度の良さ、味わいです。

塩焼きは最高です。脂の味、肉の歯ごたえともに、日本酒、焼酎、ワイン全てのお酒に相性がいいです。

 

皆様のご来店をお待ちしております。

2010/5/11 火曜日

房州産の初カツオ

カテゴリー: 料理 — inami @ 9:31:04

本日のおすすめは、房州勝浦産の「初カツオ」です。

刺身はもちろんですが、本日は「たたき」をおすすめいたします。

焼き立てのカツオを包丁し、軽く塩を当て、柑橘をたっぷりと搾ります。

包丁でかるくたたき味をなじませ、搾り生姜と香味野菜をカツオが見えなくなるほど乗せて、提供いたします。

今日のカツオは魚体も大きく、鮮度も抜群です。

「女房を質に入れても~・・・」みたいな詩もありましたが、初物を好んだ江戸の人たちの中でも特に重宝されたそうです。

その当時は、一日に市場に入ってくる「初カツオ」は一日に、20本弱くらいだったそうです。

昔の市場の日記なのか良く分かりませんが、ある日の市場の事が書いてあるものを読んだ事があります。

その日は17本カツオが市場に届き、そのうちの8本は徳川家に納め、残りの9本が魚屋にならび、歌舞伎役者の中村なんとか

という人が1本買っていったそうで、その時支払ったのが「3両」だったそうです。

今の貨幣価値にするとおよそ「9万円」くらいだったそうです。

やはり、庶民にはかなり高価なものだったのがわかります。

大河ドラマでも、時々カツオを食べているシーンがありますが、あれが何月のカツオなのかわかりませんが、初物だとしたら

龍馬は相当な金持ちだったのかなと思ってしまいます。

 

明日からプロ野球はセ・パの交流戦です。今のところセリーグでは最下位の様ですが、まだ5月も始まったばかりですから。

昨年度交流戦2位という成績を残した「東京ヤクルトスワローズ」の活躍に期待したいところです。

ここから、エースのカツオこと「石川雅規」の本当の姿を見て頂けるかと思います。

そしてエースの奮起に他の選手たちも刺激を受け、交流戦優勝し後半戦へ弾みをつけて頂きたい。

やっとヤクルトスワローズの快進撃の始まる季節がやってまいりました。

なぜこんなに強いのかと、皆様にうらやまれるほどの試合を見せてくれると思います。

 

2010/5/5 水曜日

最悪の連休です

カテゴリー: ヤクルト — inami @ 16:57:00

ヤクルトスワローズには、最悪のゴールデンウィークとなりました。

今日も完封負け。

12点も取られてしまいました。

COPYRIGHT 2008 RYORIDOKORO INAMI ALL RIGHTS RESERVED.