スタッフブログ

2009/1/31 土曜日

森崎 平

カテゴリー: ご挨拶 — inami @ 12:39:21

ca3a0346.jpg

昨日をもちまして、約半年間「いなみ」のスタッフとして頑張ってくれた「森崎 平」君が、辞める事になりました。

左側の笑顔の男の子です。最愛の「杉政 明」君と一緒に最後の写真を撮りました。

「いなみ」で働く前から、プロの自転車競技の選手になることを目標にしていた「森崎 平」君は、いよいよ本格的にプロを目指して行く決心が着いたようです。

いつかは「TOUR DE FRANCE」に出場したいと言ってました。その時は是非、背中に「いなみ」のロゴの入ったユニフォームをプレゼントしたいと思います。

まずは、今年の11月にある「TOUR DE OKINAWA」に向けて練習をするそうです。

皆様に親切にして頂き、本当にありがとうございました。また、今後の「森崎 平」君の活躍にご期待下さい。いつか名前を轟かせる日が来るかと思います。

2009/1/28 水曜日

仕出し弁当、復活です。

カテゴリー: お知らせ, 料理 — inami @ 22:23:42

ca3a0343.jpg

夏からお休みしていた「仕出し弁当」を、今週より承ることが出来るようになりました。

2,500円で10個からご予約にて承ります。大変恐縮ですが、配達はできませんので、「いなみ」へご来店して頂き、お渡しという形でやらせて頂いております。

内容はその時その時で違います。同じところにお届けになる時は、もちろん内容は替わります。

店内同様、既製品や冷凍物などは一切使用しません。

会議などの昼食などによく使われています。その他季節によっては、お花見の席に持って行かれたりという事もあります。

皆様のご予約をお待ちしております。

2009/1/22 木曜日

本日のおすすめ食材

カテゴリー: 料理, 築地市場 — inami @ 11:52:46

ca3a0342.jpg

昨日は市場が休みでした。お陰様で忙しく仕事をさせて頂いた事もあり、全く魚がなくなり昨日ご来店のお客様には、大変ご迷惑をお掛けしました。すみません。

今日は休み明けという事もありましたので、たくさんの魚を仕入れてきました。

本日のおすすめ食材です。富山県氷見産の「寒ブリ」。今年一番の大きさで、脂乗りは抜群です。同じく富山県から「甘エビ」。子持ちです。鮮度は写真でも伝わるかと思います。甘味は最高です。他にも、長崎県五島列島から「ごんアジ」、房州産の「床節」、青森県小川原湖の名産「白魚」などなど・・・。

特に「ごんアジ」は、今や長崎県五島の「アジ」の中でもブランド品になってます。

「アジ」というと「関アジ」が有名ですが、ブランド品になりすぎて、私は高すぎる感じがします。

「ごんアジ」の「ごん」は「黄金」の「ごん」という意味です。「黄金アジ」を「ごんアジ」と呼んでます。その名の通りお腹の辺りが、「黄金」に光ってます。

本日のは特に大きく、脂乗りも良いです。

是非召し上がってみて下さい。

今日から単品メニューも替わります。

皆様のご来店をお待ちしております。

2009/1/20 火曜日

本日のおすすめ食材

カテゴリー: 料理 — inami @ 13:34:50

本日のおすすめ食材は、富山県氷見産の「寒ブリ」。安定して上質な物が入荷されています。青森県産「寒ひらめ」、房州産「寒さわら」、北海道産「真鱈の白子」、富山県産「新漁のホタルイカ」、熊本県産の「新物のタケノコ」、山形県産「山菜いろいろ」などなど・・・。

食材も安定して入荷されるようになってきました。そろそろ単品メニューを新しくします。木曜日には新しいメニューになると思います。 

 ca3a0341.jpg

 青果市場のおすすめで、「三宝柑・さんぽうかん」を買ってみました。「器」として使う予定です。「葉付き」というのが重宝されます。

一度使って捨ててしまうのはもったいないので、皮を剥き千切りにして、果肉を絞って皮と一緒に砂糖で煮ます。「三宝柑のマーマレード」の出来上がりです。

家に持って帰ってパンに塗って食べようと思います。欲しい方がいたら言ってください。お分けします。

2009/1/19 月曜日

勉強させて頂きました。

カテゴリー: プライベート — inami @ 13:05:08

昨日は、お世話になっている関西人、「鎌倉様」おすすめの「串揚げ屋」に連れて行ってもらいました。

関西出身の「鎌倉様」は非常に「食通」です。御存じの通り、「串揚げ」は関西の方ではとても日常的な料理です。関東ではそんなに食べる機会がないかと思います。まして「美味しい串揚げ」となると、どこに行けば食べられるのか私は知りませんでした。

お忙しい中、「鎌倉様」に時間を作って頂き連れて行って頂いたお店は「新宿伊勢丹会館」にある「串の坊」さんです。

ca3a0338.jpg

日曜日という事もあり、30分位並びました。記念にお店の入り口で写真を撮らせて頂きました。写真の方が、、待たされて不機嫌そうな「鎌倉様」です。不機嫌そうな所も「絵」になります。

ca3a0339.jpg

一通り食べさせて頂きました。結構食べたかと思うんですが、全然しつこくなく、素材も良い物を使ってました。とても美味しかったです。

お酒の品揃えも良く、お酒飲む人も満足できそうです。

しかし、スタッフの愛想のなさにはびっくりしました。まぁ、気にしなければ、なんてことないんですが、やはり飲食店ですから最低限「笑顔」くらいないと・・・。

「鎌倉様」は、「稲見もあまり人の事は言えないよ!」と言いたげな顔をされてました。

時々、こうしてお客様の目線になるというのは、非常に大事なことだと改めて思いました。

鎌倉様、ありがとうございました。

2009/1/15 木曜日

結婚式

カテゴリー: プライベート — inami @ 10:56:52

ca3a0332.jpg

先日、1月11日に友人が結婚式を挙げました。新婦の「戸島洋子」(旧姓)さんは、私が仕事の後に、お客様と一緒にお邪魔していた西口のバーで働いました。

「洋子」さんは人気者でしたから、結婚すると言う話が来た時は、みんなびっくりしてました。

仕事の都合で私は披露宴から出席させて頂きました。

新郎も新婦も緊張している表情でしたが、時間が経つにつれ段々いつもの表情になり、和やかな雰囲気の披露宴でした。

ca3a0325.jpg

何枚か写真を撮ったのですが、濃い目のウィスキーのせいで、痛恨の「手ぶれ」。その中でも良さそうな写真を本人の了解を頂いたので載せさせて頂きました。

私の「手ぶれ」など可愛いもので、シャッターチャンスの時にカメラの操作がわからなくて、カメラに話しかけながら軽くキレていた方を紹介します。大先輩なので、名前は伏せたいと思います。

ca3a0328.jpg

おめでたい事続きで、六月には子供も生まれるそうです。

式の当日はお話も出来ませんでしたので、旦那さんと一緒に「いなみ」に遊びに来てください。スタッフ全員で祝福したいと思っています。それから、相当食べる旦那さんと聞いてます。どのくらい食べるのか試してみたいものです。お待ちしております。

最後に、素晴らしい披露宴に招待して頂き、本当にありがとうございました。

2009/1/13 火曜日

送別会!

カテゴリー: プライベート — inami @ 15:33:07

eizou.jpgca3a0337.jpg

昨日は、「いなみ」が日ごろからお世話になっている「BAR アスコット」さんの送別会に誘っていただきました。

パレスホテル大宮のオープンの時に、レストラン部門の責任者的な存在であったオーナーの「斎藤英三」さんでしたので、パレスホテル大宮の一期生が中心になって「貸し切り」でパーティーをしました。

大変な盛り上がりで、私もすっかり時間を忘れ飲んでしまいましたが、あと二日でなくなってしまうかと思うと、とてもさみしい気持ちでいっぱいです。

必ず、違う場所で近いうちにまたお店をやってくれると信じております。

斎藤さん、ありがとうございました。

ホームページのトップ画面に新しいページが出来ました。

カテゴリー: お知らせ — inami @ 15:19:35

今年から、「料理処いなみ」のホームページのトップ画面に、「今月のおすすめ料理」というページが新しくできました。

今月は、「尾鈴山地鶏の水炊き」をおすすめさせて頂いてます。毎月初めに更新されます。毎日のおすすめ料理もございますが、その時期、是非食べて頂きたい料理を紹介させて頂きます。

是非ご覧ください。

2009/1/7 水曜日

尾鈴山の地鶏が到着しました。

カテゴリー: 料理 — inami @ 14:22:31

ca3a0318.jpgca3a0320.jpg

二時間ほど前に、宮崎県の川辺町の「黒岩牧場」さんから、尾鈴山(おすずやま)で育った地鶏が到着しました。

相変わらず身の締まり具合、香り、厚みのある上質な脂、最高です。

本日、ちょうど「鍋を入れたコース」というご予約がありましたので、この「尾鈴山地鶏」を使って「水炊き」を提供しようと思います。

バラした「地鶏」の「鶏がら」をゆっくり時間6時間位をかけて、スープを引きます。「手羽先」、「モモ肉」は骨ごとぶつ切りにして、ゆっくりと炊きます。

 20090107_rimg0083.JPG

コラーゲンたっぷりの「鶏スープ」の中に「具材」を入れる前に、「スープ」だけを召し上がって頂き、その後「具材」をいれます。

 20090107_rimg0082.JPG

 「手羽先」をふんだんに使用してるのがポイントです。「黒岩牧場」の社長、「黒岩正志」さんからのアドバイスで、今回初めてやってみます。やわらかく炊いた「手羽先」は、口の中に入れるとトロっと溶けるほど柔らかいです。

最後は、鍋のスープに「七草」を入れて、「七草雑炊」を召し上がって頂こうと思います。

寒い夜に、体の芯から温まって頂けると思います。

当日のご予約でも結構です。皆様のご予約お待ちしております。

富山県・氷見産の寒ブリが、最高の時期を迎えました。

カテゴリー: 料理 — inami @ 11:05:18

2009010707250000.jpg

いよいよ、「寒ブリ」が最高の時期を迎えました。富山県氷見産の「寒ブリ」は「日本一」とも言われております。

晩秋から初冬にかけて、富山湾は毎年大きな「シケ」に見舞われます。このときものすごい「カミナリ」がなるそうで、波は荒れ風は吹きとても漁なんて・・・と思いますが、これが「ブリ」の豊漁を告げる「ブリ起こし」です。そしてこの頃を境に、富山県ではブリ漁が本格的になります。

北陸の「ブリ」はとても美味として有名ですが、その中でも「富山県氷見」は、「ブリ」が産卵前に富山湾で休憩する場所です。餌が豊富な「氷見沖」で水揚げされた「ブリ」は、最も脂の乗った状態で「定置網」にかかります。

北陸、特に「富山県」に、娘さんが嫁いだ先に出世魚の「ブリ」を贈るという風習があるそうです。娘さん・娘婿さんの「出世」を願うという意味からだそうです。

年末からお正月にかけては、北陸では欠かせない「ブリ」ですから、なかなか築地市場には「氷見産の寒ブリ」は入荷されてきませんでした。

今日辺りから値段も相場になり、魚体も申し分ないほどの「メタボリック」。本日入荷の「氷見産の寒ブリ」は16キロ。でかいです。

お刺身はもちろん、ブリカマ塩焼き、照り焼き、煮付けなど・・・。おすすめは、牛肉を思わせるほどの甘みを感じられる「ブリしゃぶ」

最近「ブリしゃぶ」を目にすることがありますが、「氷見産の寒ブリ」でやる「しゃぶしゃぶ」は別格です。氷見の「寒ブリ」は釣り上げてからの管理が違います。ですから、鮮度が他の産地の「寒ブリ」とは違います。

是非、召し上がってみて下さい。

次ページへ »

COPYRIGHT 2008 RYORIDOKORO INAMI ALL RIGHTS RESERVED.