スタッフブログ

2008/8/29 金曜日

久々に良い鯖を入荷しました。

カテゴリー: 和酒, 築地市場 — inami @ 13:13:46

ca3a0090.jpg

昨日の集中豪雨は凄かったです。ちょうどお客様が帰られる時間帯でしたので、いつも用意してある「お客様用の傘」も全部なくなってしまいました。この雨のおかげで明日は市場に出てくる魚がかなり少ないと思い、今日は少し多めに仕入れをしてきました。

今日のおすすめ食材は、江戸前・富津産の「鯖・さば」です。これからの時期は「光り物」がどんどん良くなってきます。

「光り物」は大きい物が脂が乗っていて美味しいと私は思います。この「鯖」を今日は、天然塩と和歌山県の「九重雑賀」さんの「純米酢」で軽く締めて見ようと思います。

これに合う「和酒」は、石川県の「菊姫」の中から「金剣・きんけん」をぬる燗でおすすめいたします。「純米酢」で締めた「鯖」の柔らかい酸味と、「金剣」をぬる燗にすることによって引き立つ「酸」が、絶妙に合います。是非召し上がってみてください。

今日はその他にも、大阪湾の「釣りアジ」、山口県萩産の「白いか」、気仙沼産の「戻りかつを」、江戸前佐島産の「穴子」など、久々に魚種も豊富です。

皆様のご来店をお待ちしております。

2008/8/28 木曜日

本日のおすすめ食材

カテゴリー: 料理, 築地市場 — inami @ 9:28:20

最近の魚の少なさに加え、昨日は市場が休みという事で食材が全くなくなり、お断りさせて頂いたお客様には本当にご迷惑をお掛けしました。

本日も良い食材を求めて市場へ行ってきましたが、質は良くなってきているのですが、魚種は少ないですね。

そんな中でも今日は、宮城県気仙沼産の「戻りかつを」をおすすめさせて頂きます。

「初かつを」では少ししか無かった、皮目と身の間にある上質な「脂」。今日の「かつを」は特に大きくて人事とは思えないほどの、腹の張り、厚み、丸みとどれをとっても間違いなく脂が乗っているのが一目でわかります。

「たたき」がおすすめです。皮目を焼くと炎が上がる程の、もの凄い脂の乗り具合です。皮目をこんがりとパリッとするほど焼きまして、熱々のまま包丁してスダチをたっぷりと絞りますと、「ジュッ」って音がたまりません。器に盛り付けて、ポン酢と薬味野菜を「かつを」が見えなくなるほど乗せて提供します。最高に美味しいですね。

写真は後ほどアップします。

皆様のご来店お待ちしております。

2008/8/26 火曜日

お客様からのご要望で・・・。

カテゴリー: 料理 — inami @ 16:22:28

ca3a0085.jpg

昨日、釣りのお上手なMさんご夫妻がお見えになり、ちょうど「尾鈴山地鶏」が届きましたので、そのスープをベースに「親子丼」を作りました。もちろん卵も「尾鈴山地鶏」の卵です。肉質がしっかりしているので、親子丼にはどうかな?と思っていたのですが、美味しかったと言われ安心しました。

カウンターに座った時に皆様も是非、何かメニューにない料理などご注文ください。和食であれば、出来る限りご要望には答えたいと思います。

2008/8/25 月曜日

肌寒い朝!

カテゴリー: 和酒, 料理 — inami @ 12:26:53

inter-02.jpg

土曜日位から、朝起きると肌寒く感じます。上着を一枚着ないと寒いくらいです。

市場は相変わらずいまいちです。いつも行ってる魚屋さんも入荷が少ないということでした。私のようにその日その日で魚を買っている店は、ちょっと時化たりして入荷が少ないと、大変な騒ぎです。前日などにファックスで注文でもすれば、魚屋さんは大体用意できる物ですが、そうすると高かったり品物が悪かったりしても注文した魚は買わなくてはいけないので、私は前注文というのはしません。

魚が駄目ならと言う訳でもないのですが、今日はちょうど良く宮崎県から「尾鈴山地鶏」と「尾崎牛」が入荷されてます。

「尾鈴山地鶏」は丸ごと一羽買っているので、「ガラ」をゆっくり6時間位かけてスープを引き、地鶏スープ仕立ての「土瓶蒸し」を提供しようかと思います。新鮮な「内臓」もご用意してます。フォアグラのような「レバー」を刺身や肝焼き、フライなどで召し上がって頂けます。手羽先もとても大きく好評頂いております。この「尾鈴山地鶏」の特徴は、丁寧に人間が管理したようなブランド地鶏とは違って、山を走り回り、お腹が空けば自然界のえさを食べ、寝たい時に寝る。という何とも羨ましい生活をしている為、筋肉質で歯ごたえがあり脂の質が素晴らしく、焼きたての香ばしさと味は他の地鶏では味わえません。

そしてこれに合う「和酒」は、「尾鈴山」の麓にある焼酎蔵「黒木本店」さんの焼酎をおすすめいたします。

yamaneko.JPGnakanaka.JPGhyakunenn1.JPG

2008/8/22 金曜日

朝から愚痴ってます。

カテゴリー: 料理, 築地市場 — inami @ 10:13:03

kc380013.jpg

お盆明けの築地市場は、非常に魚の量も魚種も少なく、じわじわと原油高高騰の影響が見えつつあります。何しろ高い!そして、その変動が激しすぎます。一日単位で、仕入れ値がこれほどまで違う物かと思ってしまう程です。たとえば昨日まで1,000円だった「釣りアジ」が今日は3,000円になってたり。全体量が少ないから自然に自然に高くなります。高くても買って行くお店もあります。しかし、品物にその価値があるなら3,000円でも買いますが、昨日と産地も質も変わらないものを、3倍の値段で買うというのはいかがなものかなと。さすがの温厚な私もイラつきまして、安く買うのに必死になりました。

そんな市場の状況でしたので、いつもより仕入れの時間が長くなってしまいましたので、いつもよりお腹が空きました。

2008/8/18 月曜日

花火大会の後!

カテゴリー: プライベート — inami @ 14:20:52

ca3a0069.jpgca3a0070.jpgca3a0072.jpg

花火大会が終わり、「山田君」の実家へとみんなで歩いて行きました。諏訪湖から歩いて1時間20分。意外と近いです。当然、車は大渋滞しておりますからこれが一番良い手段なのでしょう。最初のうちは花火の余韻でテンションも高めに歩いていましたが・・・。

「山田君」の実家に到着するとお父さん、お母さんが出迎えてくれました。開口一番「意外と近かったでしょう!」と。恐るべし「山田家」。もちろん「歩いたうちに入りませんよ!」と答えましたけど。

お座敷に通してもらいました。するとテーブルの上には握り寿司や、太巻き、目光りの天ぷら、塩イカと胡瓜の酢の物、自家製のぬか漬け、大好物のとうもろこしなどをたくさん用意してくれてました。皆さん歩いて来た疲れも忘れ、またまた日本酒を飲みながら宴が始まりました。お父さん、お母さん本当にありがとうございました。

女性部屋と男性部屋に別れ就寝しましたが、修学旅行にでも来たかの様な気分になります。特に日ごろお世話になってる酒屋の「Oさん」。夜も眠れず楽しそうにしてました。が、寝たと思ったらもの凄い「音」をたてて寝てました。すぐ隣に寝ていた私は眠れないと思ってましたが、朝起きたら私も凄い「音」を立てていたらしいです。すみませんでした。

ca3a0075.jpgca3a0074.jpg

朝起きると、なんとお父さん、お母さんが朝食を用意してくれました。ありがとうございました。せっかくなので3杯お替りさせて頂きました。

雨が降るとも言われていましたが、16日も快晴でした。皆さん御自分の普段の行いが良いからだ!と思っていたようです。私もそのうちの一人です。

今日は「山田君」の案内で、諏訪見学です。まずは、朝風呂を浴びに諏訪名物の「花梨」にちなんだ「かりんちゃんバス」に乗って「片倉館」へ行きました。私たち14名が「かりんちゃんバス」に乗ると満席になってしましました。それにしてもバス停の「小川中・こがわなか」の一日のバスの本数。7本ってどうなんでしょう?

ca3a0076.jpg

ここの「片倉館」には「千人風呂」があると言う事でした。が、入ってみると千人入ったらどうなってしまうのかと。まぁ、そんなに一度に入ることは無いのでしょう。もしかしたら、一日千人かもしれませんし・・・。

風呂を上がると、次は「ガラスの里」へ。またまた「かりんちゃんバス」で向かうと思いきや、今度は「スワンバス」。諏訪と諏訪湖の白鳥とかけているらしいです。ちなみに道中で、「すわっこランド」というのを見つけました。諏訪湖と諏訪の子をかけているらしいです。どんな方たちが命名したのかと、そっちの方が気になり始めてきました。

ca3a0078.jpg

昼の時間になると、またまた「山田君」の実家へ。今度は「ばらちらし」のお出迎えです。もうここまで来ると、なんとお礼を言って良いものか。言葉を失ってしまい、食べるしかないと。いやぁ、本当に美味かったです。ありがとうございました。

最後は諏訪大社です。やはり諏訪へ来たらここへ行ってお参りしないと罰があたります。

ca3a0081.jpg

有名な「御柱祭・おんばしらさい」。あの山の上から柱を落としてそれに人が乗っかって・・みたいな祭りです。七年に一度行われる日本でも有名なお祭りです。前回使われた「御柱」です。

お蔭様で、諏訪を満喫してまいりました。山田家の皆さん本当にありがとうございました。お父さん、お母さんの「山田君」に期待しているのがもの凄く感じられました。その期待に答えられるように今日からまたビシビシとやっていこうと改めて思いました。そして、今回ご一緒させていただいた皆様、楽しんで頂けましたでしょうか?「山田君」も一生懸命、皆さんに喜んで頂けるように頑張ってくれたと思います。今後ともビシビシと、よろしくご指導お願いいたします。

諏訪に行って来ました。

カテゴリー: プライベート — inami @ 12:28:33

ca3a0056.jpgca3a0055.jpg

15日から17日までお盆休みを頂きました。毎年8月15日に「山田君」の実家の長野県諏訪市では、花火大会が行われると言う事で、予定の合うお客様と一緒に諏訪へ行って来ました。日本一とも言われる諏訪の花火大会ですが、今年は記念すべき60回を迎えると言う事もあり例年以上の混雑が予想されると聞いて行きましたが、駅に着いた時点でその人の数にビックリしました。なんと集まった人の数「43万人」。まさしく諏訪の一大イベントであると感じました。

ca3a0058.jpgca3a0060.jpg

現地で私たちよりも先に諏訪入りしていた「山田君」と合流しました。なんと、「山田君」の実家のお寿司屋さんのお父さんが寿司を握ってきてくれました。私たちは日本酒を持ってきたので、花火を見ながら寿司と日本酒というなんとも贅沢な話です。

そして会場へ着くと事前に抽選で確保した場所に行くと、またまたビックリ。なんと招待席の横のかなり良い席ではありませんか。諏訪湖が一望できる最高の場所です。頑張って席を取ってくれたのが伺えます。諏訪に来ると「山田君」が少しだけ、本当に少しだけ大きく見えました。

いよいよ花火が打ち上げられます。

ca3a0062.jpgca3a0065.jpgca3a0067.jpgca3a0068.jpg

私も花火大会には色々行きましたが、4万3000発近い花火というのは滅多にお目にかかれない花火です。しかもこの諏訪湖でしか見れない「水上スターマイン」という花火は、見入ってしまって写真取れませんでした。最後の諏訪湖の花火大会名物「ナイアガラ」は全長1キロ。とにかく全ての花火が凄いの一言。本当に凄い。

まだ、諏訪湖の花火を見たことがない方。ぜひ一度見てみて下さい。東京湾や隅田川とは違った「凄さ」があります。

2008/8/13 水曜日

お盆休み。

カテゴリー: お知らせ — inami @ 15:49:29

_rimg05321.JPG料理処いなみでは、15日から17日までの3日間、お盆休みとさせていただきます。市場がこの3日間は休みなのでそれに合わせました。今年は、当店の「山田君」の実家の長野県諏訪市の花火大会が毎年8月15日に行われているので、それを見に行く予定です。

今年は原油の高騰などで、漁師さんもいつもより早くお盆休みに入っているらしく、今日も市場は静かでした。が、まだまだ全国から届いた魚や野菜などありますので、ご安心ください。

2008/8/11 月曜日

季節の日本酒

カテゴリー: 和酒 — inami @ 16:26:09

ca3a0054.jpg

本日入荷の「日本酒」です。左から、栃木県小山市の小林酒造さんのお酒「鳳凰美田・ほうおうびでん」の山廃仕込の「生詰め」、その隣は山口県萩市の澄川酒造さんのお酒「東洋美人・純米吟醸」、そして同じく山口県は宇部市の永山本家さんのお酒「貴・たか」の純米吟醸雄町使用、山口県岩国市の旭酒造さんのお酒「獺祭・だっさい」遠心分離純米大吟醸、そして愛知県名古屋市の萬乗酒造さんのお酒「醸し人九平次・純米吟醸・件の山田」です。それぞれ特徴が違いますが、この時期の食材にピッタリのお酒です。「いなみ」いつもある日本酒とはまたちょっと違ったタイプの日本酒です。

「いなみ」では、色々なお酒を少しずつ楽しんで頂きたいと思い、一合グラスの半分の「5せきグラス」を用意してあります。是非、それぞれのお酒に少しずつ色々な料理を合わせてみてはいかがでしょうか。

2008/8/8 金曜日

おすすめのお料理。

カテゴリー: 料理 — inami @ 15:49:52

ca3a0053.jpg

本日のおすすめ料理です。今日は、コースのお客様のお椀に釧路産の新さんまを使った「新さんまのつみれと焼き夏野菜の味噌仕立て」を提供させていただきます。鮮度の良い「新さんま」を三枚に卸し包丁で叩き、卵、つくね芋、ネギ、生姜とあわせ、昆布出汁でゆっくりと丸く取りました。

ふわっとした感じに仕上げたので口当たりも良く、何と言っても鮮度が良いので青魚特有の「生臭さ」が全くありません。焼きナス、焼き茗荷、焼きネギと一緒に召し上がって頂きます。

北京オリンピック開幕でテレビを見たい時期ではありますが、皆様のご来店をお待ちしております。

次ページへ »

COPYRIGHT 2008 RYORIDOKORO INAMI ALL RIGHTS RESERVED.